ココロスキップの
点字印刷プロジェクト
 一枚 ・ 一枚 ココロを込めて障がい者が作業を行います
フェイスブック

会社理念 メリット サンプル 注文方法 発送・送料 施設案内 通販表記 Q&A

お客様の声




点字名刺プロジェクトのホームページへ



福祉作業所 ココロスキップの理念


ココロスキップ施設長 大政マミ


点字名刺プロジェクトを立ち上げたのが2007年9月頃でしたので、
気がつけば10年もの歳月が流れようとしております。


25歳で会社を設立し、26歳で点字名刺プロジェクトを立ち上げたものの、
2週間ほど注文がない状況が続いてしまいました。


「やっぱり駄目だったか・・・」 と諦めた時、
ある建設会社の従業員の方から1セットのご注文メールを頂く事となりました。


「理解していただけるお客様が現れた!」 
感動のあまり、思わず涙を流してした事を昨日の事のように覚えています。


福祉作業所で働いている障がい者の工賃は、全国平均で20年前とほどんど変わりがありません。そこで、障害を短所ととらえるのではなく、障害を武器にすることで、工賃を高めることはできるのではないだろうか? 


また、障がい者が既存のお仕事にあわせても、効率面や能率面でどうしても劣ってしまいますので、周りと比較され、働くことが辛いと感じる人も少なくありません。そこで、障がい者の特性や能力に合わせることで、幸せに働くことができるのではないだろうか?


障がい者がココロを込め、一生懸命働いているからこそ点字物に価値が生まれ、お客様の企業価値は高まるものと考えております。そのような仕組みを作って行ければ、障がい者が競争にさらされることなく、工賃を高められるものと確信しております。


ココロスキップでは、苦手な分野を努力するのではなく、それぞれが得意な分野を活かすことで、お仕事につなげていけたなら。 


字を書くのが好きな者にはお手紙を書くお仕事を。事務が得意な者に関しては、お客様のメール等、PC業務のお仕事を。


私どもは設立当初から、「福祉革命で人々を幸せに」 このような理念を掲げ、活動をさせていただいております。そして、その理念を達成させるために、福祉資本主義(障がい者の工賃を高め、幸せに働ける仕組み)を考え、実践しているところでございます。


ココロスキップの活動は、お客様のご注文があって、初めて成り立つプロジェクトでございます。少しでもご興味がございましたら、何卒、ご注文を頂ければ幸いでございます。


「お客様」 ・ 「働いている障がい者」 ・ そして社会全体が幸せになるアイテムとして、点字印刷物が社会に普及する事を願っております。


就労継続支援B型事業所(福祉作業所)
ココロスキップ施設長 大政マミ




トップページ 会 社 理 念 料 金 案 内 Q & A 作業日誌
点字名刺 サンプル画像 注 文 方 法 お客様の声 Facebook(スタッフ)
点字シール メ リ ッ ト 発送・送料 Twitter(スタッフ)
点字ポチ袋 施 設 案 内
注文ボタン 通 販 表 記 就労継続支援事業
お振込口座





点字名刺プロジェクトのホームページへ戻る